So-net無料ブログ作成

スピーカー周りの変化 [据え置き]

タイトルの通り、音出しをしてから
段々と進化していったスピーカー周りの変化を追っていきたいと思います。








1:オーディオボードの導入

準石材有限会社、パイオニア オーダー スペシャルⅡを導入。

なんでパイオニア?とかツッコミはなしで。

音の傾向としては低音の締まりが若干良くなりました。
また高音の響き・明瞭さも若干増しました。
音の厚みが若干増しました。


2:スピーカーケーブルの変更

Hi側をQED SILVER MICROからortofon SPK-3900 Q Silver
Lo側をortofon SPK-3900 Q SilverからZONOTONE 6NSP-4400SMeisterに変更

高域が高く澄んだ音になりました。
低域の量が若干増えた。全体的に空間表現がちょっと良くなりました。



3:アンプの電ケー及びラインケーブルの変更

両ケーブルもBeldenのものをヤフーオークションで購入。

ボリュームがとりにくくなりました。
低域の量が増えました(中高域が減衰したようにも感じます)
全体的に音の厚みが増しました。



4:セッティングを変更

P1010356.JPG


ブックシェルフの上にあるブックシェルフ型………はい、すみません。



P1010357.JPG

スピーカー間の距離約125cm
後ろの壁からの距離約約50cm
横の壁からの距離約80cm
内振り角度30度

空間表現、特に奥行きと広がりが増しました。
音のリアルさが増しました。





総評


空間表現がよくなり、低域の質は若干良くなり、量はまぁまぁ増えました。
高域は量自体は若干減り、質は若干良くなりました。
音の厚みは増し、全体的に万能感が増しました。
とはいえ、もともとの特徴が一変するまでではないです。






感想


強く変化を感じたところが3でボリュームがとりにくくなったことと4でした。
そう考えるとアクセサリー類ってちょっと虚しいですね。
あと変更したいところはスタンドですね。
実際セッティングの変更(模様替え)して、よりセッティングの大切さをしりました。
候補としては……………

TAOC EST-60HLSound Style Z1でしょうか。





買える気がしないのに買ってしまいそうな自分が怖いよぉ

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

セラミック

spin@片桐凛さん、Niceありがとうございます。
by セラミック (2008-04-17 08:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。