So-net無料ブログ作成
検索選択

二郎といふたへもの [独り言]

みなさまは、ラーメン二郎、と言うお店をご存知だろうか?










すでにその名は全国区となり、店舗(本店や直系)のある地域の方のみならず
多くの方が訪れたことあることかと思います。

詳しくはネット上でいくらでも先達の有益な情報がありますが
特徴としては量が多く、いい意味で大味なことかと思います。


ラーメン二郎に魅せられた人は、ジロリアン、などと言われております。
私も見習い程度ではありますが、おそらくジロリアンでしょう。

しかし、この手の味を苦手にしている人も多いです。
隣で食べている人が、半分も食べずに席を立つ、なんてこともざらです。
もちろん量が多くて食べきれない、と言うのもあるのでしょうけれど。


その気持ちは私もわかります。
なぜなら私も初めて食べた時は残したからです。


初めて二郎に行ったのは昨年の3月、今思えば無謀にも三田本店にいきました。
噂に聞く二郎を食べてみようと好奇心でした。
もちろん初めから大などということもなく、小です。

それでも食べきれませんでした。
3分の2程度で箸を動かしたくなくなり、麺を噛むと気持ち悪くなっていました。
そして残し、店を出て、二度と来ない、そう思っていました。



そんな私がこうして二郎についての記事を書くまでになったのは、その後の出会いがあったからです。
それは三田本店でK.O.されてから半年以上経った昨年10月。
横浜関内店との出会いでした。


量が三田本店に比べ控えめで、きつかったけれど、食べきることができました。
しかし、それでも当時はおいしいなどとは特に思わず、一度残したところ相手にリベンジできて良かった。
その程度に考えていました。




このような私でしたが、今では週に一度は二郎に通っています。
なぜかって・・・


体が求めるからです。



リベンジを済ませ、もう行かないと思っていたのに
次行ったらもっとおいしく食べきれるんじゃないか、そう考え3回目
今度は汁なし(横浜間内店の名物メニュー)を食べたい、そう考え4回目
それ以降は覚えていません。

もう食べなくていいや、食べ終わった直後には何度もそう思いました。
しかし、何日かすると無性に食べたくなるのです。
一月も食べないとなんだか落ち着きません。

そう、体が求めるのです。



二郎とは何か、と問われれば、私はこう答えるでしょう。






さて、前置きが長くなりました。
今回の記事では私の行ったことのある二郎を紹介し
今まで行ったことのない人や、次にどこか行ってみたいと思っている人の参考になればと思います。

まず行ったことのあるお店を。直系から・・・
・三田本店
・横浜関内店
・中山店
府中
・京急川崎店
・神田神保町店
品川
・目黒店
・仙川店
・上野毛店    の10店。初めて行った順に並べてます。

旧二郎・インスパイアでは
・ラーメン神田
・らーめん陸
・ジャンクカレッジ東京駅店
富士丸本店
・ラーメンこじろう526武蔵小杉店
・蓮爾登戸店
・らーめん大蒲田   の7店。

計17店です。多いのか少ないのか正直微妙ですが。(ちなみに直系だけで現在36店ある)



この中で一番好きなのは横浜関内です。リファレンスとも言えますが。
量は平均かやや少なめで麺柔らか野菜くた気味。
まったり乳化スープに極上の巻き豚。
二郎の中ではぬるめの味とも言えますが、好きです。
さらに汁なしはチーズやキムチをトッピングすると、もはや何の食べ物か分からなくなります。
二郎はラーメンではなく、二郎という食べ物。という言葉がこれほど似合うメニューもないでしょう。
だけど、うまい。

ちなみにジャンクカレッジにも似たようなトッピングのある汁なしがあります。
ただし似て非なるものです。
味は好みでしょうが、私は段違いに横浜関内が好きです。



二番目は中山でしょうか。
横浜関内とは違い、やや硬めの麺にシャキっとした野菜。
豚は雰囲気が違うものの、こちらもうまい。
スープはややしょうゆが立っているけれど、それでもややぬるめ。
新しいお店で清潔感があり、雰囲気もよく、老若男女に愛される店でしょう。
量が普通かやや多めなのと横浜線というやや辺鄙な場所にあるので
はじめていくお店には、ちょっと紹介し辛いですけれど。


その次が三田本店でしょうか。
一度目は残したものの、その後はおいしくいただいております。
量は多め。麺はやや柔らかめ、野菜はちょいシャキ。
豚はブレが大きく、かなり量が多い。
スープもブレが大きいけれど、やや乳化でしょうゆもしっかりの印象。
全体的にその日その日によるけれど、極上の日は
普段飲みきらないスープを飲み干したくなるくらいおいしい。


以上、直系で好きなお店です。


直系以外では、蓮爾が一番好きです。
うどんレベルの極太の麺にこってりのスープ。
ゴロゴロした豚。ジャンクなもの食べている気分になります。


極太麺といえば、直系では府中が蓮爾と同等かそれ以上です。
また、府中は野菜がシャキシャキでスープもかなりしょうゆが立っています。
好みではないけど、キャラの立ち方はトップクラスでしょう。


麺で言えば、品川もキャラが強いです。
これでもかと言うくらいに小麦がつまっていて、噛みごたえがありうまみがあります。
その分重たく、小でもかなりの満足感が得られます。


しかしこれら3つの店は、はじめて行くには少々重いでしょう。
その点、はじめての人に勧めやすい店となると
直系では横浜関内、京急川崎、上野毛。以外では神田、陸でしょう。
神田神保町や目黒は人気店ではありますが、並びが長すぎます。
そしてその割に魅力に乏しくも思います。
同じ人気店なら横浜関内や三田本店に並ぶことをお勧めしたいです。

話が少しずれましたが、はじめての人に勧めやすい店の理由をあげますと・・・

横浜関内:それほど人を選ばない味と量。並ぶけれど回転がいい。立地もまあまあ。

京急川崎:全体的にマイルドで店内の雰囲気も悪くない。立地も結構いい。

上野毛:量が少ない、しょうゆベースの味。バランスのとれた味。駅からは近い。

神田:トッピングとスープが二郎っぽいけど他はごくごく普通のラーメン屋さんと言った感じ。

陸:量が少なめ、味はマイルド、店内の雰囲気も良い。立地は良くない。

と言った感じです。


行ったたことがあるけれど、ここまでで取り上げてない店では
富士丸がおもしろいです。別皿アブラがハマる人にはハマる。
その他はお察しください。もちろん私の好みではありますが・・・。


以上長くなりましたが、二郎といふたへもの、でした。
みんな、二郎いこうぜ。

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 4

お米2号

二郎には一度は行ってみたいですね~。
それにしても店ごとにこれ程違いがあるとは知りませんでした。
by お米2号 (2011-07-18 23:06) 

セラミック

お米2号さん、niceとコメントありがとうございます。

一度は行ってみましょう、そしてできれば二度、三度行きましょう、冗談抜きで。
一度じゃ魅力は分かりません。

そして違いがあるとしても、それは同じ二郎という区くりの中で、ですね。
ただ、普通のラーメン屋のチェーンの感覚とは全然違います。
by セラミック (2011-07-18 23:23) 

たぬき

ジロリアンじゃないあたしには理解出来ない世界ですね。
今度ぜひ一度つれて行ってくださいネ!
by たぬき (2011-07-18 23:39) 

セラミック

たぬきさん、niceとコメントありがとうございます。

何をおっしゃっているのやら・・・・。
高田馬場に連れて行ってくださいな!
by セラミック (2011-07-22 07:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。