So-net無料ブログ作成
検索選択

RCAケーブルをお借りした。 [感想]

タイトルの通り、RCAケーブルSAKURAさんからお借りしました。


DSC00459.JPG








お借りしたのは
ACROLINK 6N-A2030ⅡPro 
Tara Labs RSC VECTOR2-8N
になります。


これらに私の持っていた
三菱電線 CX-1
Zu Audio mission
Supra Sword Interconnect
の3つをあわせて、5つの比較をします。


環境はノートPC→dx-USB HD→DAC-FAN→DCHP-100→ATH-W5000
で行います。


1:
三菱電線 CX-1
 今回の比較の中で基準にしたケーブル。5つの中では癖が少ない部類。
 全体的にやや厚みのある音で低域は若干ゆるい。
 高域はもう少し伸びて欲しいが、嫌みのない明るさがある。


2:
Zu Audio mission

 5つの中では最もレンジが狭く、情報量が少ない。
 全体的に厚みがなく、低域が軽くて高域が煌びやか。
 空間はやや広め。


3: Supra Sword 
 5つの中では最もレンジが広く、情報量が多い。
 低域の伸び・沈みが良い。中域は艶が乗っている。
 高域はやや派手だがきつさはない。


4:ACROLINK 6N-A2030ⅡPro
 傾向としては1にかなり似ている。
 1の情報量をやや少なくし、空間をやや狭め、全体的にあっさりとした感じ。


5:Tara Labs RSC VECTOR2-8N
 全体的に厚みと情報量が足りずに、どこかスカスカとした印象を受ける。

 やや高域より。綺麗めな音だが伸びはいまいち。


以上となります。
性能的には、3>1≧4≒5>2
癖のなさでは、1≒4>>5>2≒3
といった印象です。

もちろんケーブルでの違いなので機器を変えた時ほどの変化はなく
細かな違いを書いたものとなります。


とはいえ、2と3を比較すると明らかな違いを感じました。
ハマりたくはないものの、ある程度はケーブルにも気を使わなくてはいけないと感じました。

違いを考えさせてくれるきっかけをくださったSAKURAさん、改めてありがとうございました。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

sakura

ちょっと忙しくてコメントが遅れてしまいました(;・∀・)

Swordを貸していただけるということで今から楽しみです!

ケーブルは結構変わりますよね・・・
変化の度合いで言ったらPADのMIZUNOSEIが結構独特で、これでケーブルって大事だなと思わされたりしました。
by sakura (2012-04-17 22:47) 

セラミック

sakuraさん、コメントありがとうございます。

どう感じられるか、ご感想楽しみにしております!

方向性を整えるのと機器の地力を支えるのがあるのかなーなんて思ってます。
ケーブルの音が気になってしょうがない、ってはなりたくないものですが笑
by セラミック (2012-04-17 23:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。