So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっぴり試聴してきました [雑記]

SONYビルに行き、この秋の新モデルのイヤホンとアンプとウォークマンを聞いてきました。








比較はアンプにK-Spec、イヤホンにEX800ST。
久しぶりのお決まり文句ですけど、短時間の試聴かつ先行品なのでご参考までに。
私の主観で、違いを誇張して書いております。

XBA-H3 
 不自然。ゆるめで量多めの低域、艶々の中域、ちょっと刺激的な高域。
 上下はそれぞれそこそこ伸びている。音像はちょっと大きめ
 情報量・音の分離感はまあまあ良好。
 帯域のつながりと質感のちぐはぐさが残念。
 H2はH3の高域を詰まらせたような感じ。



PHA-2
 アナログ接続での試聴。
 音に厚みがなく、レンジが狭い。
 ウォークマンDACとしてどうなるか期待。


ZX1
 作為的な音。良くも悪くも一音一音が濃い。
 ちょっとエフェクトがかかってるんじゃないかと思うくらい余韻が広がり気味。
 情報量は多い。レンジ・帯域バランスは良好。
 F800にPHA-2をアナログで繋ぐよりは好印象。



前回の記事で期待してない的なこと書いてましたが、ZX1はグラッと来ちゃいましたね。
横のハードウェアボタンの追加もうれしいですし、悩みます。




そういえばヘッドホン祭にAudioDesignさんのポタアンが出展されるそうな。
楽しみです。


・・・・・・・・・・据え置き出すメーカー増えないものかなあ


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

セラミック

白吉さん、niceありがとうございます。
by セラミック (2013-10-06 20:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。